就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

筆記試験対策

学校のみならず、就職においても筆記試験が行なわれることが多くなっています。一般常識から数学などの学習力を試す問題、さらには職業への適性を見るための性格検査など内容は様々です。
就職試験で行なわれる筆記試験の種類や、その対策などを紹介していきます。

筆記試験で足を掬われないためには?

筆記試験は学校や資格取得だけでなく、就職活動にも必要不可欠なものとなっています。筆記試験を行なうことで、就職希望者を書類審査で絞りきれない場合にも面接の結果と合わせて絞りこむことが出来るからです。

筆記試験を行なう意味

企業側が就職活動において一番頭を悩ませるのが「希望者の絞り込み」です。履歴書などの書類の不備や面接での受け答えを基準にして絞り込みを行なっても、自分が落とされたことに納得しない希望者が必ず居るからです。面接や書類審査は明確な答えを用意しづらい性質がありますが、筆記試験ならば点数として結果を数値化できる性質があるので希望者にも企業側にも都合がよいのです。

筆記試験の主な内容

就職の際に行なわれる筆記試験は、一般常識や学校で習った内容の再確認を試す学力試験と新聞やテレビなどで扱われる時事問題に関連する試験、適性検査として知られるSPIなどです。

学力試験

学力試験は、主に漢字の読み書きや計算問題、英文問題などで構成されています。主題される問題は中学〜高校程度の内容のものが多く、基本的な学力が試されるものといえます。

時事問題

時事問題を扱う試験は、小論文などの「自分の意見を提示させる」形式のものが多いのが特徴です。時事問題の目的は、「今現在起こっていることをどれだけ知っているのか」というニュースへの関心を知ることにあるといえます。

SPI

SPIは適性検査として行なわれるもので、国語と算数の問題と性格判断が組み合わさったものです。現在は、後継のSPI2やGABなどが使われています。SPIの特徴は、数十問に及ぶ簡単な問題を限られた時間の中でどれだけ処理できるかを計ることが出来ます。

筆記試験の対策法

就職活動での筆記試験は、学校での定期試験と違って知識の詰め込みで対応できるものではないといえます。どのような対策を立てて取り組むべきなのでしょうか?

筆記用具の選び方

適した筆記用具を揃えることは筆記試験対策の第一歩であるといえます。多くの筆記試験ではマークシートの記入を行なう場合があるで、通常の鉛筆とは別にマークシート用の先が丸くなった鉛筆を用意しておくのが得策といえます。

問題の解き方

筆記試験においては時間配分が勝負の決め手となります。検算に時間が掛かる計算問題や英文問題など時間が掛かるものを後回しにして、得点配分が小さい問題を確実にこなしていきましょう。

適性検査対策

SPIなどの適性検査では、通常の算数問題だけでなく「特定の図形の数を数える」「数字の法則性」などのパズルのような問題も出題されます。適性検査は時間が掛かる問題をいかに早く、そして多く解くことが出来るかを試されるので市販されている問題集で練習しておくと良いでしょう。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載