就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

面接対策

就職活動において面接は書類選考と並ぶ難関であるといえます。面接は直に会社側の人と会話する機会でもあるため、緊張しやすく失敗してしまう事も多く見られます。
どのような覚悟で面接に臨み、質問に答えていけばよいのかなどの面接のための対策を紹介していきます。

面接を突破するために

面接は、書類上ではわからない就職希望者の性格や資質を知るために行なわれます。つまり、履歴書のように時間を掛けて取り繕うことが出来ない「ありのままの自分」が試される場なのです。

面接の意義

面接は履歴書や職務経歴書などの書類では把握しきれない就職希望者の人物像を、より明確に把握するために行なわれるものです。複数人を対象にする集団面接や、一つのテーマについて討論させるグループディスカッションも面接のバリエーションなのです。面接は、人と人が向かい合って行なうことに意味があります。面接では会話能力や、質問に切り返す機転の良さなどが浮き彫りになるのです。

圧迫面接とは

ネット上などで話題になる圧迫面接は面接のテクニックとして認知されていますが、実際には要らぬ軋轢を生み出す元になることが多いものです。圧迫面接は会社側の面接官がわざと意地悪な質問をぶつけたり、精神的に威圧する返答を返したりするものですが面接を受ける側にしてみれば嫌がらせ以外には感じられないのが現状です。圧迫面接が行なわれる場合は、「会社側があなたを逆上させたくて行なっている」と考えてよいので思惑に乗らないように冷静に対処するのが良いようです。

集団での討論・作業

グループディスカッションやグループワークなど、面接に来た就職希望者を集めて組み分けて討論や作業を行なわせる面接は、リーダーシップやチームワークなどの集団生活における資質を見るために行なわれます。一人ずつを相手にする面接よりも手間が掛かることがありますが、通常の面接では判らないことも把握できるため活用する企業が増えています。

面接で失敗しないための対策

面接は、就職活動における最後の難関であるといえます。そのため極度の緊張状態に陥って失敗してしまう人や、自分だけが手ごたえを感じる結果になる人も少なくありません。面接でベストを尽くし、最良の結果を得るための対策法を紹介していきます。

予行練習をしておく

面接対策として最良の方法は、「予行練習」に尽きるといえます。友人や先生などに協力してもらい、どのような質問にも冷静に対処できる心構えを作っておくようにします。

想定問答集を作る

面接における質問の多くは、定型的な範疇に収まるものであるといえます。あらかじめされると考えられる質問やされると困るような質問を想定して、どのような答えを返すべきかという問答集を自作しておくと便利です。

事前に水を飲みすぎない

人は緊張状態に置かれると喉の渇きを覚えて、必要以上に水分を摂ってしまうものです。水の飲みすぎで面接中にトイレに行きたくなってしどろもどろになってしまうこともしばしばあることです。面接の前はあまり水分を取り過ぎないように心がけましょう。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載