就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

髪型・メイク・スーツ

高校から大学に掛けての時期が、最も髪型や服装に気を使い様々なファッションに挑戦出来る時期であるといえます。しかし、就職活動する時期に入ると社会人として恥ずかしくない身なりにならなければなりません。ここでは、就職活動のための髪型や服装などを解説していきます。

就職のための身だしなみとは?

就職活動において、身だしなみや見た目は非常に大きな影響を及ぼす要素となります。特に面接では会社側が持つ第一印象を左右するため、就職活動向けの身だしなみを整えておかなければならないのです。

身だしなみの大切さ

就職活動に限らず、身だしなみを整えるということは社会生活において非常に重要な意味を持ちます。学生の間では、流行のファッションや髪型にしていることは評価されますが、社会人からすれば「世間知らず」と見做されマイナス評価を付けられてしまいます。このように、身だしなみを整えるということは社会に所属する人間として必要不可欠な振る舞いであり、「空気を読む」ということそのものでもあるのです。

身だしなみを合わせられないとどうなるのか

就職活動には、それなりの身だしなみがあります。では、就職活動向きでない髪型や服装で面接や企業説明会を受けに行くとどうなるのでしょうか。まず、会社側が思うことは「採用すべき人材ではない」という評価を下すことです。いくら現代が個性を重視する風潮であっても、他人に不快感を与える個性は受け入れにくいものなのです。また、首尾よく就職できたとしても、企業説明会や面接で一緒になった同期の新入社員からすれば「付き合いを遠慮したい人物」と見られることも充分にありうることです。身だしなみは社会生活の潤滑油として機能しているのです。

就職にふさわしい髪型・服装

就職活動をする上で、ふさわしい髪型や服装というものは定型が決まっているといえます。逆に言えば、定型から外れなければ就職活動が円滑に進むのです。では、どのような服装や髪型が就職活動にふさわしいものなのでしょうか?

髪型

現代では長髪の男性も珍しくなくなっていますが、就職活動の際には男性は爽やかな短めの髪型にするのが良いでしょう。髪の染色も止めて、黒く染め直すことも大事です。女性の場合は、髪を結ぶなどして纏めると清潔感が出て好ましいといえます。整髪料を使いすぎると匂いが気になってしまうので控えめにしましょう。

服装(スーツ)

服装は、男女とも黒や紺のリクルートスーツを選ぶのが基本になります。女性の場合はスカートでもパンツでも構いません。スーツの下に着るワイシャツやブラウスは白にすると良いでしょう。

靴もスーツに合わせてローファーなどの革靴にします。女性の場合は、ヒールが高くないパンプスにすると足が疲れにくくて複数の企業を回る際に重宝します。

メイク

女性の場合は、メイクにも気を使わなければなりません。就職活動向けのメイクの基本は「ナチュラルメイク」にあります。あまり色味を強くしすぎず、薄めの色を乗せて健康的に見えるようにメイクしていきましょう。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載