就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

自己PR

自己PRは、集団面接などで自分と同じくらいの能力がある人間が大勢集まっていた場合、自分を会社側に印象付けるために欠かせない技術です。しかし、事故PRのやり方を間違えるとマイナス方向への印象付けになってしまいます。ここでは、面接に有効活用するための自己PR法を紹介していきます。

自己PRのやり方とは?

就職活動において重要なのは、「自分を採用することが利益に繋がる」ということを会社側に理解してもらうことだといえます。そのために行なうべき努力こそが自己PRなのです。

就職における自己PR

PRとは「パブリック・リレーションズ」の略で「公的な信用を得るための行動」という意味で使用されます。つまり、就職における自己PRとは「会社に自分を信用してもらう」ということなのです。自己PRとは「自分のどこが信用に値するのか」を相手に示し、自分の全てを信用してもらうように拡大することなのです。

信用を得るためには?

自己PRの目的である「会社からの信用」を得るためには、「会社が求めているもの」または「近い将来必要とするもの」を提示することが重要です。会社側が就職希望者に求めているものは、「学歴」「職歴」「資格」「能力」などであるといえます。

学歴・職歴

多くの会社は、就職希望者の学歴や職歴に興味があると断言できます。学歴は「どのような努力を積み重ねたのか」という事実を示し、職歴は「どのような社会的経験を積んだのか」という事実を示します。経歴は、どの人がどのような道を進んできたのかを判りやすく示すものなのです。

資格

自動車の免許や英検などの資格もまた、学歴や職歴に比肩する社会的信用の源であるといえます。資格には会社で働く上で必要になるものから、会社に必要無くても努力した結果に得たことが判るものまで様々に在ります。

能力

就職希望者がどのような趣味を持ち、学生時代にどのようなことに打ち込んだのかということは、希望者の能力に直結しています。「好きこそ物の上手なれ」というように、好きなものに対する情熱は、能力そのものを育てるからです。

面接に勝つためのPR法

自己PRは、会社が求めているものを示せばそれでいいというような単純なものではありません。自己PRはともすれば鼻につく自慢になりがちなのです。ここでは、会社側に好感を持って貰える自己PRの方法を紹介します。

短所も前向きに紹介する

多くの人は、自分の長所だけをセールスポイントとしてPRしますがそれはむしろ逆効果になります。長所は短所と共に説明することで初めて長所として機能するのです。しかし、短所を説明すると短所だけを突いて来る面接官も少なくありません。ですので、短所が「気の短いこと」だとしたら「気が早すぎる」、「臆病」だとしたら「慎重」というように前向きな意味にも取れるように説明することが大事です。

きっかけと共に紹介する

学歴や資格は、必要があるからこそ努力を積み重ねて取得したものといえます。しかし、どのような理由があってその学校を選んだのか、資格を取得したのかを説明できなければ意味がありません。学歴を説明する場合は「どのような進路に進みたかったのか」、資格を説明する場合は「どのような事に興味があったのか」を合わせて説明するようにするべきです。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載