就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

履歴書

履歴書は、正規雇用のみならずアルバイトなどの非正規雇用においても必ず作成しなければならない重要な書類です。しかし、正しい履歴書の書き方を習う機会はそう多くあるわけではないため、独自の書式で書き込む人も少なくないのです。ここでは、履歴書の正しい書き方や、封筒や添え状などについて解説していきます。

履歴書の書き方とは?

履歴書は、自分の経歴や取得した資格などの情報を会社側に示すための書類であり、就職活動をする上では絶対に必要な書類でもあります。

履歴書の意義

就職活動で履歴書が必ず必要になるのは、「希望者が社会的規範を守れるか」ということと「希望者の経歴などの情報の開示」という二つの意味があるからです。まず、会社側は受け入れ枠よりも多い就職希望者を絞り込むための糸口を求めています。その糸口が社会的規範と経歴などの情報です。ルールやマナーなどの社会的規範を守れること、どのような経歴を歩んできたのかなどを検討した上で、誰を雇用するかを決定するのが履歴書を必要とすることの意義なのです。

履歴書の基本の書き方

履歴書は、就職希望者の人となりを映す鏡のような書類であるといえます。丁寧に履歴書を書ける人は、仕事の面でも期待できます。逆に雑に履歴書を書く人は、意欲や熱意が感じられません。履歴書を綺麗に書くためにはどのようにすればいいのでしょうか。

使うべき筆記用具

履歴書の記入には、黒のボールペンまたは万年筆を使うのがマナーです。市販されている履歴書には「黒または青色」と記載されているものもありますが、万年筆が主流だった頃の名残なので黒一色で書くようにするのが無難です。最近はパソコンで入力して印刷した履歴書を受け付ける会社も増えてきていますが、手書きするのが礼儀とされています。

鉛筆で下書きする

履歴書は公的な書類なので、書き損じした場合は修正液を使うことが出来ません。なので、鉛筆やシャープペンシルなどで薄く下書きをしておくと失敗しにくくなります。鉛筆の下書きは、滲まないようにインクが乾ききった後に軽く消しゴムで消しましょう。

一画ずつ丁寧に書く

履歴書への記入は思った以上に時間が掛かります。そのため、後半になればなるほど字が乱雑になってしまいます。字の乱れを防ぎ、丁寧に記入するためには「字の一画一画を意識して書く」のが有効です。

証明写真の取り方

「履歴書に貼り付ける証明写真にプリクラを使う学生がいる」という話をよく耳にします。履歴書に貼付するための証明写真は、スピード写真でも充分ですが出来るなら写真館で取ってもらうのが一番です。写真館ならば写真のネガが保存されているので幾らでも焼き増ししてもらえるという利点があります。

添え状は必ず付ける

履歴書を郵送する際には、必ず添え状をつけて送らなければなりません。添え状は、「なぜ履歴書を送ったのか」を説明するための書状で、必須のマナーの一つなのです。添え状には「郵送年月日」「自分の所属と名前」を文頭に記し、「拝啓」で始まる時候の挨拶ではじめ、履歴書などの添付書類の内容送った理由を書き記し「敬具」で締めましょう。

封筒の書き方

郵送で履歴書を送る場合、封筒も大事な判断要素になります。送り先が「人事課」「総務部」などの部署である場合は「御中」と付けて中央に来るように書き、赤字で「履歴書在中」と記します。封筒の裏面には、自分の名前・住所・郵便番号を正しく記入しましょう。

礼状の書き方

面接や説明会に参加した後は、必ず礼状を送付するのが社会人としてのマナーです。礼状も、添え状と同じく「拝啓」にはじまる時候の挨拶から面接や説明会に対するお礼を記し「敬具」で締めくくった文章を書くのが礼儀です。
その他はこちらをご覧ください。>メール・礼状マナー

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載