就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

自己分析と志望動機

就職活動においては、自分の考え方や志望動機を会社側の人に理解してもらうことが重要です。行き当たりばったりのやり方では、不備を突かれてしまい不採用になることも少なくないのです。ここでは、就職活動において重要視される自己分析のやり方や志望動機の書き方などを紹介していきます。

就職のための自己分析

自己分析とはその名の通り、「自分自身を分析する」事で他者に自分の経歴や希望を伝えるための手法です。自己分析は面接や履歴書の作成などにおいて、非常に重要な意味を持っています。

自己分析とは

自己分析は、「自分という存在がどのような経緯を経て形作られたのか」ということを自分の経験を省みることで模索していく行為であるといえます。いわゆる「自分探し」に似ているように感じられますが、自己分析は「本当の自分」というあやふやなものではなく「『現在の自分』を形成するもの」を探すことが目的なのです。

自己分析のメリット

自己分析を行なうことはどのような就職活動を行なう上でのメリットを生み出しているのでしょうか。まず、「自分の特徴の再確認」が挙げられます。面接では、必ずといっていいほど自分の長所と短所を説明する機会があります。長所だけでなく短所も明確に示すことが出来ない人は、信用されないものです。自己分析を通して把握した自分の長所と短所を説明できることは、一つの強みとなります。また、「自分が何故この会社を選んだのか」という志望動機の再確認が出来るのも自己分析のメリットです。志望動機をしっかりと伝えられるということは、就職活動において重要なことです。

志望動機の確認

志望動機というものは、「どうしてこの会社に就職を希望しているのか」という意思を会社側に伝えるためのものです。志望動機がしっかりと会社に伝わらなければ、「この人は本気で入社したいと思っているのか」と見られ不採用になる可能性が高くなります。自己分析で再確認した志望動機は、採用通知を得るための重要な鍵となるのです。

自己分析のやり方

自己分析は、自分の足跡を再確認してどのような事柄に感銘を受けたのか、どのような理由で志望動機を培うに至ったのかを検証する作業です。どのようなやり方で自己分析を進めて行けば良いのかを解説していきます。

時間軸を中心に分析する

自己分析の基本は、「過去・現在・未来」という一続きになった時間軸を中心にして行ないます。つまり志望動機を分析する場合、「過去に自分がどのような体験を経て、現在においてこの会社を志望し、入社することが出来た未来ではどのような事に取り組むのか」というように考えていくのです。

客観的な意見を集める

自分ひとりで行なう自己分析には限界があります。自分を良く見せたいという自尊心が働くからです。なので、親兄弟や友人・教師などの「他者から見た自分についての意見」を集めていくことになります。他人の評価は自己評価よりも辛目の判断がなされているものの、自分がどのように他人から見られているのかを知る上では非常に頼りになるのです。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載