就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

インターンの活用

就職活動においての悩みどころには、「企業と自分の相性」があります。入社して体感するまで企業との相性の良し悪しがわからないため、多くの人が就職の失敗に悩まされてきたのです。そこで登場するのがインターン制度です。企業の相性を就職前に知ることが出来るインターン制度の利用について解説していきます。

インターン制度を活用する!

インターン制度とは、「実地研修」という意味のインターンシップから来た仕組みです。日本でのインターン制度は医療現場での研修医制度として発達してきた経緯がありますが、近年では医療以外の分野においても活用されるようになって来ました。

インターン制度の特徴とは?

インターン制度は、企業にとっても就職希望者にとっても有益な制度であるといえます。インターン制度で就職希望者を受け入れる会社側は、インターン利用者をほぼ無償で働かせることが可能です。就職希望者側は、就業しなければわからない会社の雰囲気や実際の業務を体験することが出来て、企業選びに有益な情報を得ることが出来ます。場合によってはインターン利用者にも給与を支給し、就職試験において有利になるように取り計らう会社もあるのです。

インターン制度のデメリットとは

インターン制度におけるデメリットは、「会社側が無償の労働力としてインターン利用者を見做せる」ということがいえます。基本的に、インターン制度では利用者に労働報酬を払っても払わなくても良いことになっています。そのため、会社側はインターン利用者を「短期の無償アルバイト」として働かせることが可能になっています。会社によっては、正社員と同じ労働内容でインターン利用者を無償で働かせるケースがあるなど、法令遵守の規則に逆行する問題を起こしていることがあります。また、インターン制度の対象になっているのが大学または大学院に在籍している学生であるため、再就職希望者は恩恵に預かれないということもデメリットといえます。

賢いインターンの利用法

インターン制度は問題点もあるものの、上手に活用することが出来れば就職活動において大きなアドバンテージを得ることが出来るのです。

単位取得

大学が主導してインターン利用者を募集している場合、インターンへの参加で単位が取得出来るケースがあります。就職活動を始める大学三年生ごろになると、履修単位の取得数が就職活動の足かせになる事が多くなってきます。そのため、インターン制度を利用して単位の取得を行なうことは非常に有意義になってくるのです。

職業適性の確認

就職先を決める志望動機として、子供の頃からの夢は大きな要因になります。しかし、憧れだけを先行させて就職しても適正が無ければ長続きしないものです。インターン制度を利用して、憧れの職場で働くことで自分に適正があるかどうかを客観的に判断することも可能なのです。

内定への近道

インターン制度の最大の利点は、「後の就職試験での便宜」であると言っても過言ではないでしょう。インターン制度を採用している有名な企業の多くは、内定の基準のひとつとしてインターンへの参加を挙げているほどなのです。インターン制度は、学生の就職活動の大きな支えになりうる仕組みなのです。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載