就職活動一直線
お問い合わせリンク就職活動一直線

優良企業選び

就職が難しい時期になると、決まって「就職先を選ばないで働け」という言説が飛び出るものですが、その考え方自体が企業に利用されていることが往々にしてあるものです。
では、就職した後に失敗しないためにはどのような基準で企業を選べばよいのでしょうか?

就職に失敗しないための企業の選び方とは?

終身雇用制が健在だった時代は、「就職した会社は終の棲家」というように定年まで腰を据えて勤め上げることが美徳と考えられていたといえます。しかし、社会情勢の変化につれて企業の体質も変化したことで、就職から定年まで一つの会社に勤め続けることは難しくなったといえます。

現在の就職情勢

1990年代中期からの終身雇用制の崩壊によって、就職情勢は大きく一変したといえます。会社都合でのリストラの横行も相まって、就職希望者が正規雇用に希望を持たなくなったことや、会社が就職希望者を食い物にするような放漫経営が目立ち出したのです。逆に言えば現在は、「転職を前提とした正規雇用」や「数ではなく質で就職活動する」などの考え方が要求される時代になったということなのです。

企業選びのポイント

就職活動をはじめるに当たって、就職を希望する企業の情報を集めることが大前提になるというのが現在の常識です。「大変な苦労をして入った老舗企業が経営難に陥り入社1年で倒産」ということや、「求人広告に出していた待遇はすべて嘘で、労基法無視が日常茶飯事」ということも珍しくないので、下調べしておくに越したことは無いといえます。

経営状態の健全さ

第一には「企業の経営状態」が企業選びの上で最も重要な要素と言えます。経営状態が切迫した企業は入社できても数年以内に再就職を迫られる可能性が高いというデメリットを抱えています。経営状態が健全な企業は、入社が難しい分安定した生活を得られます。経営状態も、待遇の一つであると心得ておくべき時代なのです。

待遇などの雇用条件

求人票に記載されている雇用条件は、企業選びの要素の中で重要視されることが多いものですが、雇用条件は日々変化するものと考えておくのが無難です。経営状態が悪化すれば、約束どおりの雇用条件を維持できなくなるのは当然だからです。

雇用者の評判

優良企業というものは、雇用されている側からの評判も良いのが普通と言えます。現代のように、インターネットなどで個人による情報発信が容易に出来る時代はそういった評判を集めやすくなっています。体験者の情報ほど、優れた情報はないのです。

ブラック企業に引っかからないために

ネット上などで噂になる「ブラック企業」をご存知でしょうか。ブラック企業とは、サービス残業や長時間労働を強制したり給与の不明瞭な天引きを行なったりするなどの、劣悪な雇用環境を持つ企業のことです。就職活動をする上で、必ずぶつかることがあるブラック企業の見分け方を紹介します。

求人広告のキャッチフレーズ

ブラック企業の多くは、求人広告にその前兆が見られます。ブラック企業は、社内の劣悪な状態を前向きな言葉に言い換えているものなのです。例えば、社員が長く在籍しない状態を「若い人の多い職場」と言い換えたり、公私の区別を付けないことを「アットホームな会社」と言い換えたりするケースが見られます。また、求人広告が毎週のように雑誌などに掲載されている会社も、「人が居付かない」何かがあるブラック企業予備軍であるといえます。

好条件での募集

多くの場合、ブラック企業は人材を使い捨てにすることを前提に求人を行ないます。そのため、求人広告に記載される雇用条件は「月30万円以上可」などのように良い条件が提示されていることがほとんどです。しかし、実際には記載額の倍の給料を手取りで貰わないと割に合わないような過酷な労働を強いるのがブラック企業なのです。

評判

ネット上ではブラック企業のリストが作製されるなど、ブラック企業の情報を共有使用という動きが盛んです。こういった情報を収集して、ブラック企業に引っかからないようにするのが就職のための企業選びに欠かせないのです。

就職活動
<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank"><img src="http://shukatu1.com/img/banner.gif" alt="就職活動" width="88" height="31" border="0"></a>

就職活動一直線

<a href="http://shukatu1.com/" target="_blank">就職活動一直線</a>

広告掲載